よくある質問Q&A

よくある疑問・質問をQ&A形式でお答えします。

そらサーチ全般について

そらサーチはどのような特徴があるサイトですか?

そらサーチは、①利回り10%以上の高利回り太陽光物件、②メンテナンスパック付与、③お客様サポート相談室設置の3つの特徴を踏まえた太陽光専門の投資物件サイトです。『良い出会いはそらサーチがきっかけ』をモットーに今日も新着太陽光情報を更新しています。

物件情報について

投資物件一覧の写真に『表記なし』『SOLD OUT』の2種類がありますが、それぞれの意味を教えて下さい。

『表記なし』は、お客様から商談申し込みが入っていない状況を示しています。『SOLD OUT』は、お客様が決まり完売の状況を示しています。
なお、『表記なし』の物件については、お客様からのお問い合わせを随時受け付けております。ファイナンス(銀行融資、信販の審査など)が確定した時点で、『SOLD OUT』に表記が移行する仕組みになっています。

年間予想発電量および年間予想売電収入は、どの程度信頼できるのでしょうか?

太陽光専用のシミュレーションソフト(株式会社ラプラス・システム Solar Pro 4.5)をもとに計算した予想値であるため、数値および金額を保証するものではありません。ただし、メーカーや型番、方角、角度、付近の障害物、過積載によるピークカットの影響などの情報を細かく反映させているため、十分に参考にして頂ける数値、金額であると考えております。

予想表面利回りとはどのように計算した数値ですか?

予想表面利回りとは、『年間予想売電収入÷販売価格×100』で計算したものです。あくまで年間予想売電収入をもとに算出した予想値であり、利回りを保証するものではありません。

過積載およびピークカットとは何ですか?

過積載とは、パネル容量がパワコン容量よりも大きい太陽光発電システムのことです。例えばパワコン容量=49.5kWに対し、パネル容量=100kWのような太陽光発電システムのことです。
過積載の太陽光では、パネル容量がパワコン容量よりも大きいため、晴天時の昼間などでは、発電量がパワコン容量以上に発電してしまいます。そのため、パワコン容量を超えた発電量については、ピークカットの影響を受けて発電量がカットされてしまいます。しかしながら、毎日の天気を考えた場合、曇りや雨、朝方や夕方、冬の季節など、太陽光が最大に発電する時間帯は限られているため、過積載にすることによって全体の発電量を高めることができます。
実際、太陽光の発電量は、春・夏をピークに冬小さくなる山なりのカーブを描きますが、過積載にすると、この差が小さくなり、一年間を通じて夏冬の差が小さい緩やかなカーブになっていきます。
近年、過積載太陽光が一般的になっていますが、これは毎年下がる売電単価をパネル容量で補い、売電収入を高めようとする考え方を反映させたものです。

売電単価の高いものと低いものではどちらがおすすめですか?

どちらも変わりません。
太陽光の売電単価は高いものが有利だと考えられていますが、実際にはどちらも変わりません。なぜならば、毎年経産省の方で太陽光の売電単価を決めておりますが、その際、その年度の設備費の統計を見て売電単価を決めています。つまり、経産省ではどの年度で太陽光を設置しても、費用対効果が変わらないように売電単価を調整していのです。そのため、基本的にどの売電単価で設置してもメリットが変わらないように設計されています。
数年前に太陽光を設置したお客様は、売電単価が高く設定されていますが、その分高い設備費を払って導入しています。一方、近年太陽光を設置しているお客様は、以前よりも低い売電単価が設定されていますが、その分安価な設備費で導入しています。

土地は売買と賃貸どちらが得ですか?

どちらも一定のメリット、デメリットがあります。
売買の場合は、所有権が完全に本人のものとなるため、土地の管理がしやすく、また融資が付きやすいというメリットがあります。一方、デメリットは、イニシャルコストが高くなることです。
賃貸の場合は、イニシャルコストを下げ、毎年のランニングに費用を平準化できること、固定資産税を支払わずに済むというメリットがあります。一方、デメリットは、自分の土地でないため、融資が付きにくいことです。
太陽光の投資では、銀行融資もしくは信販を利用するケースが多いため、一般的には融資が付きやすい売買をおすすめしています。

連系とは何ですか?

連系とは、発電開始のことです。
実際に太陽光が通電し、売電を開始する日のことです。

物件の問い合わせは、どのように行えばいいですか?

次の3つの方法がございます。
①物件の詳細ページにある『お問い合わせ』からご連絡いただく方法。
②セミナー(個別商談会)に参加し、太陽光についての説明をしっかり聞いた上で、商談会に参加して頂く方法。
③電話で直接ご連絡いただく方法。

セミナー、メール会員登録について

セミナーはどのようなことを行うのですか?

実施するセミナーによって内容は異なりますが、一般的には2部構成で実施しています。
第1部は、太陽光初心者向けに、太陽光の仕組みやメンテナンスパックの説明、太陽光投資を上手に行うコツなど、太陽光投資を初めて行うお客様向けに、聞きたいポイントをゆっくり丁寧に説明しています。
第2部は、個別商談会となっており、具体的な案件についてのご説明をさえて頂いております。太陽光投資に慣れたお客様については、第2部からご参加いただくことも可能です。

セミナーの開催時期はいつですか?

基本的には毎月2回、第2土曜日と第4土曜日を予定しております。詳しくはセミナー情報を参照ください。

メール会員登録を行うと、どのようなメリットがあるのですか?

そらサーチでは新着物件やプレミア物件が出たタイミングで、即日サイトにアップしておりますが、各物件ともかなりのスピードで完売になってしまうことが多々ございます。
そこで、新着物件やプレミア物件が出たタイミングで、物件情報をいち早くご連絡するサービスとしてメール会員登録をスタート致しました。メール会員登録を行って頂ければ、
新着物件やプレミア物件が出たタイミングで、自動的にメールでご連絡が行く仕組みになっているため、物件情報を見逃してしまったり、他のお客様に先を越されるなどの心配がなくなります。

土地・発電所・IDの売却について

土地を売ることができるのですか?

太陽光設置を目的に、土地を購入させて頂いております。
土地の地目は、宅地、雑種地のほか、山林、原野、農地(田・畑)でも構いません。また、長年放置された荒れ地などでも問題ありません。
無料査定となっておりますので、是非一度、お気軽にご相談ください。

土地の売却金額はどれくらいですか?

土地の売却金額は、土地の状況によって異なります。具体的には、造成の有無、樹木の状況、電柱からの距離などによって異なります。
無料査定となっておりますので、是非一度、お気軽にご相談ください。

賃貸で貸すことも可能ですか?

賃貸でも構いません。賃貸の場合、20年間の定期借地契約となります。

凹凸がある土地でも買取りは可能ですか?

可能です。
弊社で費用を出して造成させて頂きますので、安心してご依頼ください。

買取・賃貸ができない土地の例を教えて下さい。

農地転用ができない農地(田・畑)、南側に高い建物があり影が大きくできてしまう土地などは、買取・賃貸が難しくなります。ただし、絶対ということではありませんので、まずは一度お気軽にご相談下さい。

売却した土地はどのように活用されるのですか?

託して頂いた土地については、まず弊社で太陽光の申請をさせて頂き、申請が整ったところで、当サイト(そらサーチ)に掲載し、第三者に『土地+太陽光』をセットにして、販売させて頂く予定です。

現在稼働中の太陽光発電所を売ることができるのですか?

稼働中の太陽光発電所を第三者に転売する目的で、購入させて頂いております。
現在、中古の太陽光の売買が徐々に人気を集め始めています。中古の場合、これまでの売電実績があるため、購入する方も安心して買うことができるメリットがあります。
また、太陽光を手放されるお客様にとっても、売却してキャッシュにしたり、売ったキャッシュで新しい太陽光と交換するなど、共にメリットがある内容になっています。

太陽光売電権利(ID)を売ることができるのですか?

銀行融資や信販などのファイナンスが付いていない、造成費にお金がかかる、開発許可等の申請で苦戦しているなどの理由で、現在未稼働になっているIDを弊社で購入させて頂いております。まずは一度、お気軽にご相談ください。

事業認定がまだ下りていないIDでも、売ることができるのですか?

今年度の申請分に限り、事業認定が下りていないIDでも購入させせて頂いております。お気軽にご相談ください。

PR物件