野立て太陽光とは

野立て太陽光とは、遊休地などの土地に太陽光発電システムを設置したものです。国の固定価格買取制度(FIT:Feed-in Tariff)を利用することにより、予め約束された売電価格で20年間、電気を買い取ってくれる仕組みになっています。

不動産投資で発生するような『空室リスク』や『家賃の値下げのリスク』などがないため、現在安定した投資商品として注目を浴びています。でも、『太陽光を設置する土地がないよ』『投資するお金がないよ』という声が聞こえてきそうですが、その点はご安心ください。

土地がなくても、自己資金0円からでも、また太陽光投資が初めての方でも、安心して投資できる仕組みが整っているのが太陽光の良い所です。

特徴①

国の固定価格買取制度を利用して、20年間安定収入が入ります!!

2012年7月にスタートした国の固定価格買取制度によって、10kW以上の太陽光発電システムについては、予め約束された売電価格で20年間、電気を買い取ってくれる仕組みになっています。

この制度によって、20年間安定した売電収入を得ることができます。太陽光投資は、不動産投資に代わる投資として、現在注目を浴びています。その理由としては、太陽光投資は売電価格と買取期間が約束されているため、不動産投資でリスクとなる『家賃の値下げ』や『空室リスク』の心配がないからです。リスクが小さいことから、太陽光投資を知らない初心者の方でも、国の制度を利用して安心して始めることができます。


太陽光投資はリスクが小さく、利回りは高い!

特徴②

リスクが小さいのに、高利回りの投資ができます!!

『リスクが低いのに高利り』というのも、太陽光の大きな特徴です!特に野立て太陽光では、利回り10%を超える物件が存在するなど、投資家の間では大きな話題となっています。

例えば、株式投資などで10%の利回りを実現しようと思ったら、毎日モニターにへばりついて大変な労力を必要とします。しかし、野立て太陽光であれば、会社勤めの方でも自分の仕事をしている間に、また遊びに行っている間にも太陽光が代わりに電気を作り出し、売電収入としての副収入をしっかり稼いでくれます。

しかも、高利回りで!!『世にある太陽光のほとんどは法人が投資しているのでは?』と思われがちですが、実のところ一番多いのは、会社勤めのサラリーマンなのです。これは『リスクが小さいのに高利回りの投資が実現できている』という、1つの裏付けと言っても過言ではありません。


特徴③

土地を所有していなくても、太陽光に投資することができます!!

太陽光が良いことは分かりましたが、『土地を持っていないからダメだろう』と考えている人たちも多いのではないでしょうか?

しかし、その心配はありません。なぜならば、現在太陽光をやっているほとんどの人たちが、もともと自分で土地を所有していたわけではないからです。

中には、自分で太陽光の用地を一から探される方もいらっしゃいますが、ほとんどの場合は、私たちのような太陽光業者が土地を用意してくれます。太陽光を分譲住宅のように考え、『土地+太陽光』を1つのパッケージとして販売しているため、わざわざ自分で土地を探す必要はないのです。


特徴④

自己資金0からでも太陽光に投資することができます!!

『投資事において必ず出てくる心配が『そんなお金がないよ』という問題です。しかし、野立て太陽光については、自己資金0円からでも始めることができます。

太陽光事業はその安定性と国策事業としての性質から、各種銀行や大手信販会社がそれぞれ専用のソーラーローンを用意してくれています。これらを利用することにより、自己資金0からでも始められる仕組みが整っているのです。もちろん、審査はありますが、例えば大手信販会社のソーラーローンであれば、お申し込みの翌日に審査が下りることも珍しくありません。非常にスピーディーに融資の実行を受けることができるため、活用してみると便利だと言えます。


特徴⑤

1人あたりの平均保有物件数は4件です!!

野立て太陽光を始められた方は、皆さん口をそろえて『もう1件やりたい』と言われます。1件やるまでは心配もあるようですが、実際に1件やった後は『言ってた意味がよく分かりました』と言われます。

野立て太陽光はその安定性と利回りの高さから、リピートが多い特徴を持っています。弊社のお客様でも、1人あたりの平均保有物件数は4件となっています。ほとんどのお客様は『金融機関の審査が通るまで買い続けたい』とおっしゃります。

逆に言うと、これだけ普及してきた太陽光ですが、全体から考えると特定のお客様が何基も集中的に購入してきた背景があるとも言うことがでます。今後は、環境に優しいという再生可能エネルギー本来の主旨を考え、より広く多くの方々に活用して頂ければと考えております。



■野立て太陽光は実は今がチャンス!!

40円からスタートした太陽光の固定価格買取制度も、毎年売電価格が下がり、現在14円と半分以下になってしまいました。この売電価格の低下を受け、『もう太陽光もダメだろう…』という声もときどき聞こえても来るのですが、実は今が最大のチャンスなんです!!

なぜかというと、売電単価は下がりましたが、商品代や工事代も同時に下がっているからです。今が底値と言えるかもしれません。また、以前と比べると機器の性能は格段に向上しています。さらに、当初多くの人たちが『本当にこんなに発電するの?』と不安に思っていた発電量も、現在では実績値として確認してから投資することができます。

価格、性能、実績と3拍子揃ってきたのが現在なのです。もっと言うと、メーカー保証や自然災害から守る保険、発電状況を監視する遠隔監視システム、定期点検などのメンテナンスサービスも完備されてきました。むしろ今が一番安心して太陽光に投資できる最大の環境と言うことができるかもしれません。

お問い合わせはこちら

私たちの会社について、サービスについて、あるいは太陽光発電というものについて、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

お問合わせフォーム