太陽光発電の売却手続きは?必要な書類や3つの注意点を解説 | 太陽光 | 再生可能エネルギー | 株式会社グッド・エナジー

太陽光発電の売却手続きは?必要な書類や3つの注意点を解説

太陽光発電の売却手続きは?必要な書類や3つの注意点を解説

太陽光発電所を売却するには、買取業者か仲介業者に売却査定を依頼します。

太陽光発電売却流れを知りたい」

太陽光発電売却に必要になる書類・情報を知りたい」

売却を検討するタイミングで、上記のような疑問が出てくるのではないでしょうか。

この記事では、太陽光発電所の売却における手続きの流れや必要な情報、注意点を解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 太陽光発電を売却する方法
  • 太陽光発電の売却の流れ
  • 太陽光発電の売却時に必要な情報
  • 太陽光発電の売却時の注意点

太陽光発電の売却方法は2種類ある

太陽光発電所の売却方法は、大きく分けると、「買取業者に売却する方法場合」と「仲介業者に売却を依頼する方法場合」があります。

それぞれ、サービス内容とメリット・デメリット、どんな人におすすめできるかについて解説します。

太陽光発電の買取業者に売却する

太陽光発電所を、買取業者に買取をしてもらうメリットは、業者が買取をするので現金化が早いことがあげられます。

「今すぐに売りたい!早急に現金化したい!」という現金化を急ぐ人におすすめです。

デメリットは仲介業者にくらべ、買取金額が安くなる傾向にあることです。その理由は、買取業者が太陽光発電について詳しいことと、買取業者が転売で利益を出すために、市場価格での買取が難しいことにあります。

複数の業者から合い見積もりを取り、業者を選定することがポイントです。買取実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

買取業者に太陽光発電の売却を依頼する方法
メリット現金化が早い
デメリット仲介業者より買取金額が低い傾向がある
こんな人におすすめ現金化を急ぐ人

太陽光発電の仲介業者に相談する

続いて、仲介業者に依頼する方法です。太陽光発電所の販売相手を、仲介業者に探してもらいます。

仲介業者に手数料を支払う必要がありますが、市場価格や希望価格で売りやすいというメリットがあります。

また、仲介実績があり太陽光発電所のある地域に精通している仲介業者だと、発電所を高く売ることが可能です。仲介の方法は、時間的に余裕があり、高く売りたい人に向いています。

一方で、デメリットもあります。FIT期間は20年と定まっているため、売却にかかる時間が長いほど、FIT残存年数が縮まります。結果として、買取金額が減少してしまう可能性があることに注意が必要です。

また、将来、太陽光発電所に問題があった場合は、買手から売手に連絡が来る可能性もあります。

仲介業者に太陽光発電の売却を依頼する方法
メリット高額で売却できる
デメリット売却に時間がかかる
こんな人におすすめ時間に余裕がある人

個人に太陽光発電を売却するには注意が必要

買取業者や仲介業者を通さず直接第三者に太陽光発電設備を売却する、個人間取引はおすすめしません。

太陽光発電所を買いたいと思う人は、買取業者や仲介業者に依頼をすることがほとんどなので、個人で買い手を探すことは難しいです。

買い手が見つかった後は、売買契約書の作成や、商談を個人で行う必要があるため、労力がかかります。

また、太陽光発電所を運用するためには、経済産業省、法務局、電力会社等に、申請手続きが必要で、こちらも大きな労力がかかります。

登記簿の名義変更など複雑な書類申請や売買契約書も、不慣れだと不備が起こりやすく、買い手とのトラブルに発展しかねません。

買取業者や仲介業者を利用すると、売買契約書の作成や各種申請、支払い完了までの手続きをサポートしてくれるためリスクを大幅に軽減できます。

「今すぐ現金化したい」「他の事業に投資したい」など、現金化を急ぐ場合は、買取業者に依頼する方法がおすすめです。複雑な手続きを業者に任せられるので、負担を減らすことができます。

太陽光発電を売却するための手続き

太陽光発電を売却するための手続き

太陽光発電を売却するために、どのような手続きが必要なのでしょうか。

問い合わせからお支払いまで、6つのステップを解説します。

STEP1 無料査定フォームからお問い合わせ

はじめに、無料買取査定フォームから問い合わせます。

フォームに必要事項をご記入いただき、買取担当者が所有物件についてヒアリングいたします。

基本的に、1〜2営業日ほどでご返信させていただきます。

STEP2 査定に必要な情報を共有

太陽光発電の査定を行うために、以下の情報が必要になります。

  • 設置番地
  • 設備の容量
  • 売電実績
  • 売電開始年月

事前に情報を用意しておくと、査定がスムーズに進みます。

査定に必要な情報については、後述の「太陽光発電の売却に必要な情報」で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

STEP3 概算の査定金額をご連絡

買取業者の査定が済むと、メールおよび電話で概算査定金額をお伝えします。

即日で査定がでる場合もあるので、メールおよび着信をチェックしましょう。

STEP4 現地調査

買取担当者が、実際に現地に出向き、物件の確認を行います。

場合によっては、現地で契約になるケースもあります。

その際は、事業認定通知や電力会社からの売電明細の裏付書類をご提出いただきます。

一刻も早く売却したい場合は、上記の書類も準備しておきましょう。

STEP5 ご契約

買取業者が出す正式な査定額に納得したら、契約を締結することになります。

売主様の都合で契約までの期間は変動しますが、一般的に契約まで14日〜30日かかる場合が多いです。

最短では7日で契約に至ることもあります。

STEP6 お支払い

契約締結後に支払いが行われますが、支払い時期も買取事業者によって異なります。

先に複数社比較し、事業が安定し資金繰りのよい買取業者を探しておきましょう。

グッド・エナジーでは、お問い合わせから最短14日でご契約~現金化が可能です。太陽光発電の売却に関して、まずはお気軽にご相談ください。

太陽光発電の売却にかかる期間

太陽光発電所を売却する場合、買取業者なら直ぐに売却が可能で、平均すると1カ月程度です。

一方、仲介では売却までに14日から3カ月かかり、長い場合は1年以上かかることもあるようです。

ただし、日照時間が長いことや災害リスクの低い場所など、投資物件としての条件が良ければ、売却にかかる期間が短縮されることもあります。

グッド・エナジーは、300件以上の中古太陽光発電の買取実績があり、業界でもトップクラスの買取実績です。買取保証を付けて売主様から買い取るため、安心して売却することができます。

太陽光発電の売却時に必要な情報

太陽光発電所を売却するためには、「FITに関する情報」「土地に関する情報」の他、パネルや付属設備や設置場所の様子が分かる情報が必要になります。

それぞれ解説します。

FITに関する情報

  1. 設備認定通知書
  2. 連系日(受電開始日)
  3. 直近1年間の売電実績
  4. FIT単価(固定価格買取制度の単価)

土地に関する情報

  1. 設備の所在地
  2. 土地の固定資産納税額
  3. 土地の年間賃貸料(土地を所有していない場合)

その他の情報

  1. 保証書(モジュール、パワコン、遠隔監視)
  2. 外周フェンスの有無
  3. 発電設備の設置場所を確認できる航空写真
  4. レイアウト図・単線結線図
  5. 住民票・本人確認書類

太陽光発電の売却手続きに関する3つの注意点

太陽光発電所を売却する時には、各種手続きや手数料など、事前に確認すべきことがあります。

業者によってサポートが異なりますので、主な注意点を3つにまとめて解説します。

太陽光発電所の売却手続きの注意点

  1. 売却時の仲介手数料
  2. 売却時にかかる税金
  3. 税金サポートの有無

売却時の仲介手数料を確認する

太陽光発電所の売却を仲介業者に頼む場合は、いろいろな手数料がかかります

仲介手数料や自社サイトへの物件掲載費、太陽光発電所のメンテナンスなどの費用がどのくらいかかるのか、比較検討する必要があります。

各種費用や手数料の有無は、業者やサービス内容によって異なりますので、負担の少ない業者を選べば、より多くの売却益が見込めるでしょう。

仲介業者の中には、物件情報のWeb掲載や売買仲介手数料、査定を無料で行っているところもあります。

売却時にかかる税金を確認する

太陽光発電の売却時にかかる税金は、主に所得税と消費税です。

個人と法人とではかかる税金が違います。

また、土地と発電設備でも税率適用が違うことに注意が必要です。

個人にかかる税金

保有期間が5年を超えると所得の半分が課税対象となり、譲渡所得税率は15%に引き下げられます。

  • 譲渡所得に対する所得税
  • 譲渡所得に対する住民税
  • 売却額に対する消費税

法人にかかる税金

法人税を節税したい場合、中小企業経営強化税制の一括償却は避けた方がよいでしょう。

  • 法人税
  • 法人事業税
  • 法人住民税

税務サポートの有無を確認する

買取業者や仲介業者を利用する際には、太陽光発電所の売却後の税務サポートが含まれているかを必ず確認しましょう。

売却後の税務処理は大きな負担となるため、サポート体制が整っている業者を選ぶことがポイントです。

専門家に依頼することで、適切なアドバイスを受けたり手続きを代行してもらうもらったりすることができます。

個人と法人とではかかる税金も違いますし、土地と設備では税率が違うなど複雑で、節税方法も違います。

業者を選定する際に、売却後の税務サポートやトラブル時のサポートについても確認しておくようにしましょう。

高価売却を実現するためにメンテナンスは重要

定期的にメンテナンスを行っている太陽光発電所は、故障リスクが低いため、高価売却を期待できます。

メンテナンス記録や修繕履歴を残しておくことで、発電所の状態が良いことを証明でき、買い手からの評価も高くなるでしょう。

また、発電効率や寿命が向上し、投資対象としての魅力も高まります。

一方、定期的なメンテナンスが行われていない場合や、管理がずさんな場合は、査定額が低くなる場合があります。

特に、故障が頻繁に発生している場合や発電効率が落ちている場合は、修理費用がかかる可能性が高いため買い手にとってリスクが増し、結果的に売却価格が下がるでしょう。

そのため、定期的なメンテナンスとその記録の保管は、太陽光発電所の価値を維持し、高値で売却するために不可欠です。

グッド・エナジーの中古太陽光の買取実績

F様の物件

三重県F様の物件

買取金額1,900万円
売電単価24円
都道府県三重県
パネル容量73.5kW

H様の物件

神奈川県H様の物件
買取金額1,560万円
売電単価32円
都道府県神奈川県
パネル容量57.3kW

S様の物件

千葉県S様の物件
買取金額1,780万円
売電単価24円
都道府県千葉県
パネル容量76.3kW

太陽光発電の売却に関してよくある質問

太陽光発電所の売却に関して、よく頂く質問を3点にまとめました。

  • 買取査定の日数
  • 問い合わせから契約までの日数
  • 現金化するまでの日数

Q1 太陽光発電の買取査定は何日かかりますか?

お問い合わせから1~2日(土日除く)を心がけています。担当者のスケジュールによっては、即日査定も可能です。

査定スピードの速さに定評があるので、まずはご相談ください。

Q2 問い合わせから契約までの期間は何日ですか?

お問い合わせから最短7日で契約が可能です。

お客様との都合によりますが、平均14日〜30日の期間でご契約になるケースが多いです。

Q3 何日で現金化が可能ですか?

お問い合わせから最短14日で現金化(お振り込み)が可能です。

グッド・エナジーでは、ご契約から3ヶ月以内に必ず現金化させていただきます。

太陽光発電の売却でお困りなら、グッド・エナジーにご相談ください

太陽光発電所の売却には、買取業者に売却する方法と仲介業者に依頼する方法があります。買取業者は現金化までのスピードが速く、「今すぐ現金化したい方」におすすめです。

売却手続きは、まず無料買取査定フォームなどから問い合わせを行い、担当者が売電実績や設置地番、設備容量などをヒアリングし査定します。

グッド・エナジーは、中古太陽光の買取や販売、メンテナンスまで一貫して行なっている企業です。

中古太陽光の売却に関しては、買取実績は300件以上と業界トップクラスに実績を誇ります。買取保障付きで設備を買い取るので、安心してご利用いただけます。

  • まずは設備の価値を知りたい
  • 今すぐ現金が必要になった
  • 他の事業に投資したい

上記のように、太陽光の売却に関する悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

他社に負けない中古太陽光の
買取価格を実現

グッド・エナジーは
全国トップ の太陽光買取実績

スピード査定、高価買取り致します。
お気軽にご相談ください。